ブログ

第9回子ども支援団体交流会・円卓会議が開催されました。

第9回子ども支援団体交流会・円卓会議が7月9日(金)に開催されました。

子ども支援団体交流会も9回目になりました。
一年に一回ですが、市内地区の情報交換を行うとともに、現在課題になっていることを持ち寄り解決策を考えたり、良い取り組みや新しい情報をシェアしています。

今回は円卓会議ということで、四街道市教育委員会指導課長飯村先生、四街道市保健センター保健師田中茉梨さんが参加されました。
円卓会議とは、市民団体、NPO・事業者、行政担当者、学校関係者など多様な主体が対等な立場で参加し、1団体だけでは解決できない課題に協働して取り組むために議論を深める場です。

214188363_1064232081066019_8438745660150455222_n.jpg

1.小中学生の変化(教育委員会指導課 飯村課長より)
①コロナ禍での子ども達の様子や学校の取り組み
子ども達の様子は、新しい生活様式になれ、身についている様子。自主的にできるようになっている。
4月よりGIGAスクール構想のもと、一人一台タブレット端末が付与され、学習様式も変化してきた。
休校になってもオンラインで授業を受けられる準備であったが、各小中学校で活用について試行している。

学校の取り組みとしては、抵抗力を高めるなども含め、感染症対策を徹底している。
コロナ禍で今まで以上に児童生徒の小さな変化を見逃さないように教育相談体制を整えている。
学校行事についても、学校の規模や地域性を考慮して、「実施するかしないか」の2択ではなく、実施に向けて柔軟にできることを考え、あらゆる方法を模索していくことが大事。


214634085_211703797521048_7240550259078464833_n.jpg

 


②スクールカウンセラーの利用状況は、常設、不定期含めて全校に配置され、児童生徒や保護者の相談に対して、適切に助言や援助を行っている。
令和2年度の相談件数はおおよそ1,900件。

③地域でできることは、コロナによる風評被害の防止。子どもたちの見守り、挨拶、学校への理解をいただきたい。とのことでした。
他にも、コロナ禍で増えているインターネット利用について、懸念されており、子どもは大人が想像する以上に利用しているし、デメリットがあるようだ。
保護者が子どもにスマホを与えるには覚悟がいるとも、報告された。

2.乳幼児親子の変化 (四街道市健康増進課 保健師 田中茉梨さん)
①保健センターの相談 緊急事態宣言により、事業中止または内容を変更して実施。
個別に行うものや少人数のものは感染症予防対策をしての実施。乳幼児親子を対象とした以下の事業について、コロナ禍前の平成30年から令和2年度の利用状況を報告いただいた。
・産後ケア...産後4か月以内の母親及び乳児で家族等の支援者がいない方を対象とした助産師による自宅訪問。
・ママほっと...産後4か月以内の母親及び乳児で家族の支援者がいない方、不安が強い方を対象とし、保健センターで開催。
・検診・相談について
・おやこカウンセリング
・子育て電話相談

令和2年度は、対面での相談(産後ケア、ママほっと)の利用者が減少したが、
これらからリモートワークの増加で在宅ケアが可能になったこと、長時間の接触を避けるために利用を控える傾向があること、
また、少人数の予約制にしているため参加できる人数に限りがあることが要因と考えられる。
検診については、中止した期間があったが、再開後は平年並みの受診となっている。
臨床心理士との相談については、子どもの発達が主な相談。
子育て電話相談は、接触せずに相談できる事から増加傾向にある。

②乳幼児親子の変化
・新型コロナウィルス感染症の影響で、母子で出かけることのできる場所が限られていることから、乳幼児親子が孤立に陥っている可能性がある。
・対面で相談できる場所へなかなか行けないため、非対面の電話相談利用が増えたのではないか。

③地域でできることは、孤立しがちな親子が増えていると思われるが、検診等ですべてのケースを把握することが難しいため、地域や民生委員さんなどの声掛けや地域の居場所を検診等で紹介することによって必要な支援につながればよい。

216802593_539383410443046_5635992714925029898_n.jpg

3.子どもアンケート報告 
よつかいどう子どもサポートプロジェクトが「コロナ禍での子どもの声」アンケートを実施(調査期間:6月12日~6月25日 方法:オンラインフォーム 回答28件)。
このアンケートは、感染症対策下での生活の中で子どもたちが実際に感じていること、放課後はどのように過ごしているのか等を子どもたちに答えてもらっています。
子どもサポートプロジェクトに参加しているメンバーがそれぞれの活動で子どもの声を集めました。

アンケート結果はこちら→子サポアンケート 集計.pdf

4.質疑応答
・児童に貸与配布されるタブレットのセキュリティについてどうなっているのか。
→児童用のセキュリティーはかけているが、制限しすぎると使い勝手がよくない場合もある。

・小学校への草刈りボランティアなど何か地域手伝えることは無いか?
→各学校の校長先生に直接確認を。地域の力は大きいです。
 八木原小、栗山小などは環境整備などのボランティアが機能している。

215127723_968992967266806_4448578953547298341_n.jpg

5.子ども支援団体交流会
・5人の小グループに分かれて、自己紹介や情報交換、円卓会議で出された事例報告についての意見交換を行った。


215887208_1290864531328035_6431439070249809259_n.jpg

6.参加者感想
・子どもたちの状況がよくわかった。
・地域のかたは、他の団体とコラボ!
・新たなつながりが増えました。学校の状況が少しわかりました。
・コロナかでの親子との関わり方、遊びや話を聞くことへ役立てたい。
・若い人達との交流を計れそうになりました。
・他の団体と交流を深めることができた。
・コロナ禍での活動、 社会全体の問題

今回の子ども支援団体交流会・円卓会議には、子どもに関わる13団体の参加がありました。
また、初参加が3団体あり、それぞれの団体の強みを活かし補い合いながら新たな団体同士のつながりも生まれています。

「子どものことを一生懸命に考える大人がいることが嬉しい」と、飯村先生がおっしゃっていました。
子どもの声にしっかり耳を傾けながら、子どものコトを考える。
「四街道みんなが笑顔のまち子ども条例」を掲げた四街道らしい子どもの見守りを地域のみなさんでつくっていきましょう。

さらに、今回参加者アンケートから、子どもを取り巻く課題として「インターネット利用」に関する回答が複数ありました。
コロナ禍によりオンライン化が急速に進み、子どもたちがインターネットを利用する機会が増えています。夏休みを目前に控えたこの時期、
インターネット利用について家庭内でのルールの確認も必要かもしれません。




213291847_169826585080886_3492442744668619099_n.jpg206945660_352421586411054_5704747384744906611_n.jpg

参加団体:四街道レクリエーション協会、旭ヶ丘みらい食堂、ファミリーホーム「実感デイズ」、子育てサポートてとて、よつかいどうmamamo,四街道市社協、旭中区社協、千代田中地区社協、西中地区社協、特非)四街道プレーパークどんぐりの森、特非)四街道こどもネットワーク、四街道市子供会育成連合会、愛国学園高校、四街道子どもサポートプロジェクト、四街道市教育委員会、四街道市保健センター

コメント(0) トラックバック(0)

みんなのコト「まちの出来事を自分ゴトに」 子どもたちのコト

地域づくりサロン2021 みんなのコト~まちの出来事を自分ゴトに~
子どもたちのコトが6月29日㈫に開催されました。

国連子どもの人権条例批准されて25年。
四街道市ではこの条約を踏まえ、「四街道市みんなが笑顔のまちこども条例」が令和2年5月5日に施行されました。

1.策定の目的と経緯
四街道の条例は理念条例で、目的や役割、子どもの権利の4つの原則について書かれています。
子ども向けのパンフレットも作成され、子どもが自分たちの権利を知り、周りの大人はそれを保障する役割があると記載があります。

条例設立の経緯を策定メンバーよりお聞きしました。
子ども条例策定は県内では3市目。先行する流山、市原の条例を読みながら、「子どもにも読んでもらえる」条例を目指したたとのことです。
パンフレットは小中学校全校配布されました。大事なのは、子ども向けに作られた条例のパンフレットをどう活用していくかです。

209158262_833559240878198_580685978912471355_n.jpg

2.子ども条例を知ろう

「子どもの権利」の原則は4つ
①命を守られて成長できること。
 すべての子どもは健康に、自分の能力をのばして成長できるようにまもられること。
②子どもの最善の利益
 子どもに関することをするときは、「子どもにとって最も良いこと」を一番に考えること。
③意見を伝えられること
 すべての子どもは自分の考えや思いを伝えることができ、大人はそれを大切にすること。
④差別されないこと
 すべての子どもはどんな理由でも差別されず、子どもの権利を大切にされること。

役割としては、「市民」「市」「学校」、それぞれに役割があり、みんなで協力し合って、子どもの健やかな成長を支えると書かれています。

この条例を元に、具体的な取り組みとして、「こどもプラン」などの施策が実施され、地域では居場所の開催、学校では一人一人が安心して育ち、学べることができる環境をつくるよう努めるとなっています。

川崎市の子ども条例策定については子ども部会もあり、子どもが主体になってイラスト入りの啓発パンフレットもつくられ、権利について子どもが理解しやすくつくられていました。

209227935_325866695857261_8828192294965996551_n.jpg

3.ディスカッション

「子ども条例」は発行されたものの、学校で大人数のディスカッションは難しかしいようです。
家庭で読み合っても、子どもたちは大人が決めたことでしょ?と自分事にはなっていないとの意見も聞かれました。
ではどう活用していったらいいのでしょうか?

  • 子どものための居場所確保の資金と人材育成が欠かせないのではないか。条例をつくったからには大人にも実現する責任がある。
  • 子どもと居場所をつなぐ人が必要。そしてボランティアも大事だが、責任をもって仕事として関われる人の補償もあわせて必要ではないか。
  • 家庭で子どもの権利のすべてを保障するのは、子育て中の身としてはかなり大変。
  • あたりまえに考えてきた、「子どもの権利」を改めて文章で触れることで、「知ってるよ」と思う反面、ほんとに必要とされている子に「届くのかな?」という、条例策定と現状でのずれを少し感じた。   
  • 子育ての支援の充実は、子ども支援につながる。親が自分の気持ちを出せたり、話せたり、コミュニケーションしやすい場も並行して大事ではないか。     
  • あたりまえに考えてきた、「子どもの権利」を改めて文章で触れることで、「知ってるよ」と思う反面、ほんとに必要とされている子に「届くのかな?」という、条例策定と現状でのずれを少し感じた。   
  • 大人が変わる必要があるのではないか。子どもの権利を受け入れる態度など
  • 子どもの発言を保障する、居場所の確保が大事。
  • 外部講師による、学校での学習会などはどうか?権利について学び、最後にアンケートで子どもたちの声を集めることもできる。
  • 「子ども哲学」のような、少人数の学習会も子どもが意見を言いやすい。              
  • 大人もコミュニケーション、ディスカッションの練習の場が欲しい。意見を言う、意見を聞く練習をしたい。


206961296_207017164628934_6242742660526969779_n.jpg
さて、条例が発効された今、この「子どもの権利条例」をどう実現していくのか、まさに、「市民」「市」「学校」の連携が問われているなと感じる時間でした。
誰かが考えてくれるのではなく、それぞれの立場で、自分たちでアイデアを出し合い、それを実現していく。

まさに、「まちの出来事」は「自分ゴト」です。

209647554_851644055452753_478827133246369183_n.jpg

コメント(0) トラックバック(0)

みんなのコト「まちの出来事を自分ゴトに」 認知症のコト ①学習会

6月22日(火)にわろうべの里のわろうびんぐホールにて、地域づくりサロン「認知症のコト」学習会を開催しました。

2025年には5人にひとりが認知症を発症するというデータがあり、誰にとっても身近なものとなる可能性があります。

会場には認知症についてきちんと知っておきたい、とスタッフを含め21名の方々が集まりました。

認知症になってもこれまで通り住み慣れた地域で暮らすために、今できることは何なのかを考えるきっかけになりました。

まずは四街道市地域包括支援センター(高齢者の介護、健康、福祉に関する総合相談窓口)の遠藤さんより「認知症ケアパス」を使いながら、基礎知識として四街道市の制度や取り組み、地域の資源などをテンポよくお話いただきました。

※「認知症ケアパス」とはどのような症状の時に、どこでどのような医療や介護サービスが受けられるかを示したものです。

P1020221.JPG

また認知症の方を実際に介護されているご家族より、これまでの経験談をお話いただきました。介護家族の体験談を直接聞けるという大変貴重な機会となったのですが、このように家庭内の話ができるようになるまでには10年近くかかったそうです。

認知症の家族を介護するにあたり地域の協力がないと抱えきれなくなってきたことや、介護者から発信しないとこのような困難は伝わらない、という強い思いから今回お話いただけることになりました。

介護をするにあたり大切にしていることは本人の世界を否定しないこと。長い時間の試行錯誤を経てこのような対応ができるようになったのだそうです。地域の方から見守ってもらったり、自然な声掛けをしてもらえることがとても嬉しいと話されていました。また今まで通りに近所づきあいをしてほしい、という願いもお話されていました。

P1020300.JPG

そのような体験談を聞いたうえで千葉市認知症疾患医療センターの石川さんより、介護されている家族の方や地域の方に向けて具体的なアドバイスを聞くことができました。

参加者からは、介護の体験談に説得力があった。同じ体験もあり共感でき安心した。当事者の話が聞けるのは貴重な体験だった等の感想が寄せられました。

認知症になったからといって、その人が全くの別人になってしまったというわけではありません。どこにでもいる普通のご家族です。ご本人、ご家族が望む限り、住み慣れた地域での生活をたくさんの人たちで支えていけるとよいですね。

P1020286.JPG

次回は7/30(金)13:30~16:00まで、認知症介護の第一人者である介護福祉士の和田行男さんを講師に迎え、講演会と交流会を行います。(講演会のみオンライン配信予定です)

若干の残席がありますので、センターまでぜひお問い合わせください。

認知症のコト 講座チラシ.pptx

コメント(0) トラックバック(0)

第9回 「ふだんから顔の見える関係づくりを」NPO法人四街道メダカの会

 四街道には市街地から10分ほど車を走らせると、自然豊かな里山が点在します。

  そのひとつ、成山に住む任海正衛さんは、高校の物理教師を務めながら地域の自然環境を守るため、約25年前に奥様の実家のある四街道に移住。その後教職を早期退職し、環境保全活動を始めました。目指すのは「昭和30年代の環境循環型社会」。「自然は子どもの成長や、大人が心にゆとりを持つために必要な場所であり、大人が守っていく義務がある」。任海さんの持論です。nariyamanohatake.jpg

  現在は、「NPO法人四街道メダカの会」の代表として、さらに栗山みどりの保全事業とし六つの団体が意見を出し合い「たろやまの郷」で保全活動を進める「たろやま会」でも活動されています。その一方で自宅の広大な敷地や畑を子ども達の野外保育団体や障害者施設などに提供し、いくつもの市民団体もとつながっています。「たろやまの郷同様に成山でもさらに自然保全を進めたいと考えています」。

49F55717-E5E6-4A7B-8300-F6BA3C9E177C.jpeg 野外保育の子ども達の活動基地ともいえる敷地内にある「メダカ亭」に伺いました。シンボルの大きなやぐらは重機を使わず、メンバーの力だけで作られたそうで、太く大きな梁が印象的です。天井から下がった縄には木製のブランコの座板もついています。まるでここに集う子どもたちを温かく見守ってくれているようです。広場には大きな釜や人がくぐれるほどの大きな配管もありました。 釜で火起こしをして料理をする様子、あらゆる物を使って遊び道具にしてしまう野外保育の子どもたちの様子を話す任海さん。くしゃっとした笑顔で本当に楽しそうでした。

6CB78F14-E92F-4769-A413-73EF53DF1AB2.jpegike.jpg

   災害がおきたら...と話を向けると「地域に困ったことがあれば、日頃のネットワークを使ってなにかしら役立てると思います」と心強い言葉。「倒木処理や子ども、障害のある人の支援など普段の団体の活動はもちろん、さらに各メンバーが持つさまざまな知識や経験がきっと地域や団体間の困りごとに役に立つはずです。もちろん、自宅に被害が出た人たちはここで過ごすこともできますし」。東日本大震災後、福島・双葉町から避難された方に農作業などを経験してもらい、この地が心のよりどころとなったこと、千代田の皆さんにチェーンソーや草刈り機の使い方を学んでもらったことなど災害にまつわる具体的な支援の話も尽きませんでした。

「災害が起きたら、自分たちの最終的な生活の復旧・復興は行政や災害ボランティアセンターではなく、NPO が主体となっていくと感じています」。たくさんの団体とつながり、活動を重ねる任海さんだからこそ、その言葉は現実味を帯びて聞こえます。

 コロナ禍とはいえ、災害はいつ起こるかもしれません。もしもの時、知らない人たちと慣れない避難所での生活は想像も及びません。とくに市民活動をしていなくとも、同じ地域に住む者としてその時のためにできることは何でしょうかー。まずは近所の方との「あいさつ」を交わし、知っている誰かを増やしていくことから始めてみてはいかがでしょうか。取材を終えて改めて提案したいと思います。

コメント(0) トラックバック(0)

第18回福祉施設紹介・販売フェア「大きなテーブル」

第18回福祉施設紹介・販売フェア「大きなテーブル」無事終了しました

令和3年6月12日(土)10:30~14:30
四街道市文化センター前広場

ookina.PNG       ookina2.png

〇「大きなテーブル」が目指すこと=「福祉」×「買い物」×「地域」

福祉施設・事業所の活動や取り組み知り、そこでつくられたものを買う。お買い物が、施設や事業所を応援することになります。そのような温かな思いを交換する場を「地域」につくること。それが、「大きなテーブル」です。同じ地域で活動する施設や団体同士の交流の場にもなり、団体同士の新たなコラボも生まれています。

〇「福祉」の現場の思いを商品に込めて「地域」に伝える

「大きなテーブル」で買うことができるのは、福祉施設で利用者さんが関わっている商品。新鮮野菜、焼き菓子、布小物、木工製品etc。それら商品にはそれぞれの物語があります。利用者さんとのやりとり、施設スタッフの試行錯誤、売れる商品にするための努力や四街道オリジナルを目指す想い。「福祉だから、障害者だから...ではなく、商品のファンになってほしい」。オンリーワンの魅力を伝えるためにはどうしたらいいのか?

そこで、福祉とつながる地域づくりや商品の価値を伝えるデザインの探求に取り組んでいる岐阜の社会福祉法人いぶき福祉会の理事・北川雄史さん、ブランドマネージャーの山本友美さんを講師に「「福祉」×「ものづくり」×「地域づくり」地域とつながるものづくり」のオンライン連続講座に大きなテーブル出展団体や県内の福祉施設・団体にご参加いただきました。   

講座の中で、実際に青空協同組合さんの「かご」とはちみつさんの「木工品」についてアドバイスをいただきました。地元の素材を使っていること、利用者さんがどのようにものづくりに関わっているのか、一つの製品を仕上げるのにかかる時間など一つ一つのエピソードを商品のものがたりとして発信することが、商品の価値を伝えることになります。「大きなテーブル」をはじめとする展示販売に活かしたいとのご感想をいただきました。

〇そして迎えた大きなテーブル当日

今回の大きなテーブルは、感染症予防対策のため屋外で開催しました。天候にも恵まれ、多くの方に来場いただきました。森林ボランティア四街道フォレストさんの竹とんぼが舞う、穏やかな会となりました。

出展団体のみなさんもそれぞれ工夫を凝らした商品展示をしており、積極的にコミュニケーションをされている様子も伺えました。「お客さんに直接商品の説明をして、そのうえで選んで買っていただくことができる」「施設の利用者さんがお客さんと直接コミュニケーションできるから、やりがいにつながる」と、大きなテーブルの魅力を出展団体の方から語っていただきました。そんな言葉に現れるように「大きなテーブル」は、出展団体とお客さんを商品を通じて結ぶ場であり、あたたかなコミュニケーションの場となっています。

IMG_6543.JPG DSCF1386.JPGDSCF1360.JPG

・「商品の価値を伝える」商品陳列レイアウトやポップ、パネルなど。みなさん様々な工夫を凝らしていて素晴らしいです。

DSCF1296.JPG  IMG_6537.JPG

DSCF1302.JPG  DSCF1366.JPG

IMG_6549.JPG DSCF1377.JPG

今年の「大きなテーブル」もマスク越しではありますが、笑顔にあふれていました。ご来場の皆さま、関係者の皆さま、感染症予防対策にご協力いただき無事に「大きなテーブル」が開催できましたこと感謝申し上げます。

IMG_6570.JPG IMG_6556.JPG DSCF1297.JPG

大きなテーブルへの出展にご興味のある福祉団体がありましたら、みんなで地域づくりセンターまでお問い合わせください。次回は、ユニバーサル農業フェスタ2021を予定しております(感染症対策の状況により変更の可能性あり)。

コメント(0) トラックバック(0)

四街道市みんなで地域づくりセンター

住所〒284-0001 四街道市大日396(文化センター1階)
地図(Google マップ)
電話043-304-7065
FAX043-422-7051
開館日火-金 9:00-17:00
土(第1・3) 9:00-17:00
休館日日、月、土(第2・4・5)、
祝日、年末年始

センターの概要はこちら

© 四街道市みんなで地域づくりセンター