ブログ

みんなのコト「まちの出来事を自分ゴトに」 交流会 ①「みんなで災害支援を考えよう~障害がある人の支援」

 今年度から始まったみんなで地域づくりセンターの新しい事業「みんなのコト」。地域づくりは、まちの出来事を「自分のコト」としてとらえることから始まります。一緒に「みんなのコト」を考えてみませんか...。
 その第一回目は、5月20日、災害支援のコト、とくに障害のある人への「支援について考える会」を催しました。

みんなのコト.jpg災害支援.jpg

 災害が起きた時、障害のある人は実際にどんなことに困るのでしょうか。私たちはどんな支援が可能であり、障害のある人はどんな支援が必要なのでしょうか。今回は障害者施設担当者の話を伺い、さらに参加された皆さんで、それぞれの立場から具体的な困難や不安を取り上げ、その解決のために必要な手立てを考えるのが目的です。

 当日は視覚・聴覚障害当事者やそのご家族、精神障害ほか障害者支援施設の関係者、昨年立ち上がった「みんなで災害支援ネットワークの会」メンバー、市民、さらに障害者支援課、浦安市社会福祉協議会など合計36名の方に出席いただきました。全体 (1).JPG

 以下のようなプログラムで進めていきました。

1. 事例報告「障害のある人の支援に必要なこと」
  障害者支援施設に勤務されるお二人から、一昨年の台風での障害当事者の経験や避難訓練の様子など伺い、現実を知ることができました。多くの参加者が
熱心にメモを取る姿が印象的でした。

・「台風15号の被害聞き取り調査から思うこと」     
              スピーカー 視覚障害者総合支援センターちば 川崎弘所長
 災害が起きた時、なぜ視覚障害者は避難しないのか...。トイレの問題など避難所での生活上での問題は切実。どこで何があるのかが分かれば不便でも一人で生活ができるので、危険でも自宅を選択する視覚障害者が大半ということだった。自宅避難が困難な場合、親類や友人の家での生活をする人もいたが、その場合は総合支援センターはじめ支援をする側が、安否確認ができずに困った。
 点字を読解できる人は視覚障害者全体の9パーセントであり、支援を受けるにはほぼ音声を必要としている。一昨年の台風15号を機に、支援センター利用者の携帯電話の連絡網を作成し始めた。
 地域のみなさんには、障害者自身の存在を知ってもらいたい。さらに多くの情報から利用者の状況に応じた情報提供やその入手方法について、障害者本人、支援センターの私たち、地域などが一緒に考えていけるとうれしい。

・「避難訓練を通じて見えてきた課題」 
      スピーカー ワークショップ四街道 サービス管理責任者  後藤友紀さん
 ワークショップは、 視覚障害、身体障害、精神障害、知的障害などさまざまな障害をもつ方のための軽作業を中心とした就労訓練を行う福祉作業所。毎年、地震・火災を想定して消防署の立ち合いのもと避難訓練を行っているが、利用者には予告せずに訓練を実施するとさまざまな問題点が見えてくる。たとえば、職員が手薄だった時の利用者の安全誘導や交通機関がストップした時の本人・家族との連絡方法、聴覚障害者の伝達手段など。支援する施設としても災害に対しての検討すべきことと不安はたくさんある。

手話.JPG

 

2. 参加者全員によるワーク
 事例発表を受けて、参加者全員がそれぞれの立場で災害が起きた時の以下の6つのシーンから ①質問 ②予想される困りごと・課題 ③解決に向けて考えられる方法やアイデアを付箋に記入しました。

シーンその1)被災直後のコト 
シーンその2)障害のある人ご自身の身体のコト
シーンその3)避難所生活のコト
シーンその4)在宅避難のコト 
シーンその5)情報収集のコト 
シーンその6)そのほかのコト

手元.JPGワーク2.JPG3.意見交換 
 記入した付箋をもとに発表、意見交換を行いました。
 災害が起きた時、そもそも...の質問から、予想される当事者自身の困りごとや不安、そしてそれらを解決に導く方法やアイデアまで多様な考えや意見が飛び交う時間となりました。
 とくに障害当事者からの「複数の障害があるために一人では移動できない、なにかあっても在宅避難をしようと思う」。支援施設からの「当事者への支援の充実を」「そもそも、避難所がどういう場所なのかわからない」。市民からの「高齢者を含め、支援を必要としている人が地域にはたくさんいるはず。どんな支援を必要とする人がいるか、狭い範囲でのネットワークが必要」「障害のある人の支援体制が避難所を運営する側にも周知されていない」など、胸を打たれる意見や対応が急がれる課題などがたくさん示されました。

金室.JPGのぐちさん.JPG母たち.JPG 

 以下はワークでの意見、提出された付箋紙をまとめたものです。
1 災害が起きたとに予想される困りごと_page-0001.jpg
2 災害が起きたとに予想される困りごと_page-0001 (1).jpg
3 災害が起きたとに予想される困りごと_page-0001.jpg


 災害が起きた時、私たちは互いに支え合い連携しあって、一日でも早く元の生活を目指します。しかしその過程で、障害のある人のことを見失う可能性があるのではないでしょうか。
 障害者の困りごとや不安を具体的に抽出することそのものが、改めて地域の課題、そして障害者の支援を「自分のコト」として考えるきっかけになればと思います。

 今回は時間の関係もあり、出された困りごとや意見を検証することはできませんでした。今後センターでは、挙げられた課題をさらに分析し、一つでも多く解決に結びつく方法を皆さんと共に考える機会をもちたいと考えています。同時に「みんなで災害支援ネットワークの会」でも課題を共有し、メンバーの資源や知識を集めてその方法を探っていきます。

眺める (1).JPG最後に参加者アンケートをまとめました。

1. 今回の交流会は参考になりましたか?→ 参考になった・大変参考になった  93.4%
2. その理由は?
 ・視覚、聴覚障害を持っている方,いろいろな立場の方の声を聞けたのが良かった。
 ・啓蒙教育、訓練の必要性を感じた。問題意識を共有し、対応できる人的な底辺を広げたい。
 ・台風15号後、視覚障害者が経験された多くの困りごとの実態が非常にわかりやすく、問題意識を持つきっかけとなった。                      
3. 今回の交流会で新たな気づきや取り組んでみたいと思ったことがありましたか?
         →  あった   93.3%
4. 具体的にどんなことですか?
 ・障がい者の方の情報のさらなる整備。たとえば、市の避難行動要支援者登録制度の充実など。
 ・避難所運営なかで、障がい者の方の参加も提案していきたい。
 ・避難所ってこんなところ、というガイドが具体的にあったらいいなと思った。だれでも安心できる「避難所を作ろう」といったミーティングがあるとよい。
 ・備蓄や避難所開設にあたって、取り入れたほうが良いことなどの確認
 ・行政にしてほしいこともあるかもしれませんが、住民同士でどう支え合えるかということも大事                        
5. 災害支援について「地域の課題」としてどんなことが挙げられると思いますか?
   ・「人と人の結びつき」を災害支援の観点からより緊密にすること。災害に対する危機意識を持たせ、それに対する対応の仕方を普段から考えておく。啓蒙教育・訓練を実施し、自治会、PTA、ボランティア団体などで多くの人に問題意識を共有 してもらう。
 ・ネットワークができたら、いいと思います。自治会とか民生委員とかにも
 ・四街道には「避難行動要支援者避難支援体制整備事業(区・自治会実施マニュアル)」があります。  区、自治会、民生委員の情報としては大切  ですが、具体的に障害者の個々の避難についてはどのようになっているのか、改めて考えました。
 ・自治会でも健常者中心の支援計画が多いので、障害のある人の視点を取り入れることが必要。それは、高齢者への支援にも繋がる。
   ・被救援者と防災対応の方の相互コミュニケーションが必要。被災者への物資の供給体制、ルートは?                                                                                                                                                            

 

 

コメント(0) トラックバック(0)

第7回 地域みんなの交流場所に。北中学校地区社会福祉協議会の活動拠点にお邪魔しました

この日訪れたのは、幹線道路から少し入った栗山の閑静な住宅街。整備された庭園と1月にしては暖かい日差しが縁側に差し込む一軒家。ここは長い間空き家となっていた邸宅を利用し開設された北中地区社協の活動拠点「地域交流センター(仮称)」です。

北中地区社協の活動目標は「子どもは高齢者に元気を与え、高齢者は子どもに愛情をそそぐ」。お互いに見守り、支え合う活動を目指し、この拠点で「地域カフェ」「子育てサロン」「子どもの集い」「スマホ・タブレット講座」などを行う準備を始めてきました。 

さっそく中へ。
玄関は間口が広く純和風の佇まいで迎えてくれます。
ダイニングキッチンは広く、みんなでワイワイ調理や食事ができそうです。
和室二間はフローリングの続き部屋にし、長机に大型テレビ、乳幼児のためにクッション性のあるマットや遊具、安全柵、備品も少しずつそろい始めていました。
事務所にはオンライン活用のためのWi-Fi機器も整備されています。
広々とした庭園は、梅や桜の古木や石灯篭などがあり、ここで俳句を詠むもよし、わきで畑仕事も楽しそうです。
地域のみんながここにつどい、交流する様子を想像するだけでワクワクしてきます。

 会長の廣﨑さんは「いつでも開いていて、子どもたちを遊ばせながらお母さんたちが交流する場に。放課後には子どもたちが遊びに来るので、子ども食堂もやってみたいと思います。学生が定年退職した人に英会話を教わり、高齢者が学生にスマートフォンの使い方を教わる。互いが教え会えるような仕組みもつくりたいですね」と地域に住む人の交流の場として、これからの活動に夢を膨らませ熱く語ってくださいました。

場所の選定から契約まで3年を要した地域交流センター。令和3年度開所に向けて1月には各種プレ企画も用意されていましたが、二度目の緊急事態宣言発令でそれも休止となってしまいました。人と人がつながるためには直接会って話すことも大切ですし、オンライン化を進めるためにも拠点での活動は必要です。
屋内から庭先から地域の皆さんの楽しそうな笑い声が聞こえてくる日が楽しみです。

栗山拠点.JPG

コメント(0) トラックバック(0)

第6回 地域みんなの拠点「ひまわりサロン」

2020年12月に旭中学校地区にある3つの拠点「ひまわりサロン」の取材に伺いました。
「ひまわりサロン」は民生委員・児童委員協議会、地区社会福祉協議会、自治会の三者協働で運営する地域みんなの居場所で、旭ケ丘、みそら、鷹の台の三か所で活動しています。
その活動は平成26年から行われており、それぞれの地域に根差した活動になっています。
コロナ禍で一時は休止していましたが、人が人と会うことを止めてはいけないと、参加人数を半分にしたり換気をするなど様々な対策を考えながら再開されました。
各サロン共通の取り組みもありますが、50名近い地域のサポーターとの活動、みなみ地域包括支援センターとの合同の取り組み、30~40代のお母さんたちとその子どもたちが積極的に関わる多世代交流など、その地域性を活かした活動をされているのも魅力のひとつです。
どこのサロンも参加者はもちろんのこと、運営者も生き生きと活動されている様子が印象的でした。

コロナ禍で自粛生活が続いていますが、楽しんでいる人とつながりたい、と誰しもが思うものではないでしょうか。
「人が集まることを止めない、地域がつながるきっかけを絶やさない」
運営者の強い思いがたくさん詰まったサロン活動でした。

 ※開催状況は2020年12月現在のものです。
旭中学校地区社会福祉協議会にはFacebookページもありますので、ぜひご覧ください。
旭中学校地区社会福祉協議会 | Facebook

ひまわり.jpg
ひまわりサロン.jpg

 

コメント(0) トラックバック(0)

みんなで災害支援ネットワーク オンラインシンポジウム「そしてつなげよう、明日へ」を開催しました

表紙_syashinn .jpg3月10日(水)みんなで災害支援ネットワークでオンラインシンポジウムを開催しました。
今年は東日本大震災から10年目を迎えます。当時の被災地のことを知ることは必要です。しかしこれからを生きる私たちとってさらに大切なことは、災害に備えてどんな心構えでいるべきか、そしてこのまちや人がどうあるべきかを改めて考えることではないでしょうか。

基本的にオンラインで、オンラインで参加できない方には会場での参加という形で合計32人が参加しました。センターのFacebookを見て市外から参加された方もいらっしゃいました。
また事前には、初めてあるいは久しぶりにオンライン会議アプリを利用する方への学習会も実施しました。

話し手は鷹の台に住む関口笑子さん。
宮城県名取市閖上(ゆりあげ)で被災し、自宅流失。避難所での生活の後、千葉県内の実家へ。現在は鷹の台で四街道こどもまちづくりプロジェクトなどの地域活動を行っています。
一緒に地域で活動する旭中学校地区主任児童委員の井澤久美子さん、みんなで地域づくりセンターの千田さんが関口さんへのインタビュアーを務めました。

=プログラム=
(第一部)「あの日のこと。あれからのこと」
関口さんによって語られた当日とその後の様子
・震災当日から四街道に家を持つまで1年半。とても大切な決断を短期間に慌ただしく迫られたこと
・避難者を運営していたのは被災者自身。その中の様子、行きかった言葉やそれぞれの思い
・自身のお子さん(1歳半)を連れての避難所での生活で救われたこと、周囲の人にかけられた言葉など 
   
その後インタビュアーの質問を通じてさらに丁寧な説明がなされました。


(第2部)「まちには人がすんでいます」
自らの体験を基にしたこれからのまちと人とのかかわり方についての関口さんの考えや提案
・避難所での生活の中で感じた不自由や不満、課題を地域の課題に置き換えると、それを解決すべくいろいろな「団体」が活動している。団体がそれぞれができることをシェアすれば、災害が起きてもたくさんの支援が期待できるのでは。
・被災時は、支援する側・される側にきっちり分かれるものではない。時と場合により支援する人が支援されてもその逆でもいい。
・毎日の生活(日常)のなかに楽しい思いと共に災害(非日常)の備えをしておこう
・誰かのためにできることがあれば、それは自分自身が前を向くための大きな力にもなる。

さらにインタビュアーとのやり取りの中で加えられたこと
・団体同士がつながることで、人やまちを知るハードルが下がる
・自分を知ってもらう、他人を知ろうとする努力がどんなときにも必要

 自らの経験に基づき、同時に周囲へ思いを馳せながら発せられる関口さんの優しくて力強い言葉が、参加者の心にしっかりと届いたようです。
様子.jpg


(ブレイクアウトルーム) 「私(の団体)ができること」
参加者は4つのグループに分かれ、「災害が起きた時、私(の団体)ができること」をテーマに自己紹介をし、話の感想を述べあいました。
コロナ禍で自分たちの活動も制限される中で、他の団体と交流できる貴重な時間になったのではないでしょうか。

以下のような内容などがグループ内で話されました。
・市内すべての避難所運営準備は万全ではないので、自分の地区から積極的に必要なことを発信していきたい
・避難所での炊き出しは任せて!
・障害のある人の避難は決められていてもそこまで行く手段がない。どこかとつながりたい
・子どもたちの学びの場を提供していたが、世代間の交わりも必要であることに気付いた
・自治会組織でやれることを具体的に洗い出す
・こどもと大人をつなげる
・ペット避難のこと、お役に立ちます
・話しかけやすい人になる
・話を聞くこと、健康を保つための相談、子どもとの過ごし方の相談に対応できます

済井澤チーム.png会場チーム.jpg勝又版 (2).png
みんなで災害支援ネットワークの一番の活動目的は、「人と人、地域、団体が互いに関心をもち、いざというときに支え合える関係をつくる」ことです。
今回の関口さんのお話や示された提案は、災害が起きた時のみでなく、私たちの地域とのかかわり方、さらにこれからの生き方への大きなヒントでになったのではないでしょうか。
クロージングでは、改めてネットワークの目的やつながるための手段として「みんなで災害支援ネットワーク」のFacebookと会員間で情報のやり取りができるメーリングリストを紹介しました。


以下、参加者アンケートからの感想を抜粋します。
関口さんやインタビュアー、参加者のFacebookにもしばらくの間このシンポジウムに対する感想などがたくさんつづられていました。
・「被災者が避難所を運営する」初めて知りました。
・「まちには人がすんでいます」この言葉は、日頃から心の中にあったことを端的に言い表してくださった言葉です。地域に住む私たちが、何かあったときに支えあい、生き抜くためには、人と人のつながりが大切です。そしてそれは一朝一夕にはできないことです。 何かあってからではなく、普段から地域に住む人とつながって、知らない誰かを減らしていく・・・それがみんなで災害支援ネットワークの意義だと感じています。 
・いつもの毎日の中に楽しい非常時の備えを取り入れていく大切さ、マイナス思考ではなく機嫌よく過ごせるように楽しい訓練を想い出にしていこうなどと学ぶことがたくさんありました。所属する組織の中でも、昨年精神的なストレスを災害時に自分自身でメンテナンスをしていく術を常日頃から意識しようという企画を実施したところです。


みんなで災害支援ネットワークは、動き始めたばかりの関係づくりですが、自分たちのことを発信し、周りのことを知ることは今日からでもできることです。
たくさんの団体や皆さんに参加していただきながら、災害支援ははもちろん、温かな四街道のまちづくりを一緒に進めていきましょう。
全体.png


 3.10主役の3人.jpg  
   

  

 





 

コメント(0) トラックバック(0)

子どもサポートプロジェクトの企画『四街道・子ども支援団体オンライン交流会』開催しました!

2021年3月13日(土)15:00~17:00 子どもサポートプロジェクトの企画として、『四街道・子ども支援団体オンライン交流会』をオンラインで開催し、子ども・若者の居場所の開催状況や、この一年の子どもや大人の様子などを座談会的に情報交換しました。

参加者
・子どもサポートプロジェクト 宮本さん、後藤さん、内田さん、遠藤さん
・レクリェーション協会(遠西さん)
・蔵の図書館(安井さん)
・遊びっこ基地(内田さん、竹原さん)
・四子連(千脇さん)
・プレーパーク(関口さん)
・大越さん(四街道市議)
・笠原さん(千葉市)
・みんなで地域づくりセンター(事務局)古川、勝又、滝澤

進行・ファシリテーター 宮本さん

子どもサポートプロジェクト副代表の宮本さんより、子どもサポートプロジェクトの活動紹介をした後、各団体の居場所の様子などを共有しました。

・レクリェーション協会:中央小体育館で放課後子ども教室「遊びの城」を開催しているが、2020年度放課後は感染症対応のため中止となった。例年では60名程度の子どもが参加している。「遊びは子どもの発達に大切」。

・蔵の図書館:吉岡地区で開催。住宅地と離れているために子どもが一人で来れないが、ゆっくり過ごしたい人など多世代の居場所になっている。市立図書館休館もあり、本を読める場所として開館したい。時短開館や予約制開館などで開催してきたが、現在は第2,4日月曜10~15時で定期開催をしている。イベントは中止。

・遊びっこ基地:和良比地区で開催 第2,4木曜15~17時。昨年9月~定期開催 開催告知はせずにSNSで開催報告をしている。新型コロナウイルス感染症に対する不安もあり、開催については悩んだ。スタッフの子どもとその友達が参加。室内で科学実験なども実施が子どもが密になってしまうこともある。

・四街道子ども会連合会:市内の登録子ども会の運営サポートを担っている。子ども商店街2020年度中止(2021年度は開催予定)、通学合宿2020年度中止(2021年度は日帰りで実施予定)、小学5,6年生向けのジュニアリーダー講習会は延期しつつも実施できている。

・プレーパーク:どんぐりの森 月・金 第1・3土開催 感染対策をしながら、部分開催(食べ物などなど)をしている。土曜は人が多い。出張プレーパークは3月から再開(1,2月は冬休み)

・てとて:子ども向けイベント、大人向けイベント、親子向けイベントを実施している。2020年度前半は中止。9月から外遊びを中心として活動再開。

子サポオンライン交流会.jpg

その後のディスカッションでは、大きく分けて三つの話題が出ました。

一つは新型コロナウイルス感染症に対する考えが2極化していること。保護者は「外に出てもOK」&「感染が怖いからひきこもる」に分かれていて、家にいて外に出られないママの声を聴く場の必要性を感じる。
また、動きを意識的に制限させられているが、子ども達も大人も我慢や辛さを感じるだけでなく、状況下で「できることを楽しむ!」ことも忘れないでおきたい。

二つ目は「みんなが笑顔のまち子ども条例」令和2年制定されたが、周知が足りないのではないか。子育て日本一を掲げる四街道だが、居場所を担う人々や実態に合った条例作りが必要。こどもの権利条約があることを子どもも大人も知る必要がある(勉強会、啓もう活動、川崎子ども夢パークの活動を参考にできるのでは?)市政に現場の声をあげよう。

三つ目は、大人の期待する言葉を上げてしまう子どもがいるので、子どもが意見を言える場の設定が大事⇒子どもの話す場が必要。大人が「かわいそう」と思っても子どもは楽しんでいるかもしれない。レッテルを張らず、思いを押し付けることなく、「子どもの声を聞こう!」

その他、西中B地区で新たな居場所づくりの動きがありそう?
マスクで表情が読めない、新入学の子どもは大丈夫かな?
などいくつもの意見交換がされました。

子ども支援団体交流会は、今後定期開催していく予定です。情報交換しながら、市内での子ども支援の繋がりを作り、網目のようにセーフティーネットを作って行きましょう。

子どもサポートプロジェクトの詳細はこちらからご覧ください。
プロジェクトメンバー募集中です!

, コメント(0) トラックバック(0)

四街道市みんなで地域づくりセンター

住所〒284-0001 四街道市大日396(文化センター1階)
地図(Google マップ)
電話043-304-7065
FAX043-422-7051
開館日火-金 9:00-17:00
土(第1・3) 9:00-17:00
休館日日、月、土(第2・4・5)、
祝日、年末年始

センターの概要はこちら

© 四街道市みんなで地域づくりセンター