ブログ

「子ども達に文化的シャワーを!!貧困支援は文化資本支援から」

子ども見守りサポーター養成講座~子どもの居場所に必要とされるサポーターとはどんな人?~

日時:12月8日(日)13:30~15:30

講師:NPO法人パノラマ代表理事 石井正宏さん

四街道市内で子どもの居場所運営に関わっている方やボランティアに興味がある方、市外・県外からの参加者を含め総勢31名(スタッフ含む)が参加しました。
講師の石井さんが取り組んでいる神奈川県田奈高校での校内居場所カフェ「ぴっかりカフェ」の実践から子どもへの支援のあり方の多様性を学び、ワークショップではグループごとに居場所で考えられる場面についてディスカッションし、参加者で共有しました。

P1040944.JPG

目次:NPO法人パノラマとは

   子どもが置かれている現状~貧困、ひきこもり~

   居場所ってどんな場所?

   居場所カフェのコンセプト

   ワークショップ「居場所でみかけるシチュエーション、こんなときどうする?」

NPO法人パノラマとは

「すべての人をフレームイン」をモットーに、神奈川県横浜市にて2015年設立。主に高校生の予防的支援に取り組み、校内居場所カフェ事業と有給職業体験バイターン事業を行う。
神奈川県内の高校で「ぴっかりカフェ」や「BORDER CAFE」の運営を行い、年間200名ほどのボランティアが活動に参加している。

子どもが置かれている現状~貧困、ひきこもり~

日本の子どもの相対的貧困率は15.6%。これは、7人中1人が相対的貧困状態にあるということです。さらに、片親世帯では相対的貧困率が50.8%となります。相対的貧困とは、その国の文化水準、生活水準と比較して困窮した状態を指します。具体的には、世帯の所得が、その国の平均所得(等価可処分所得)の中央値の半分に満たない状態のことです。OECDの基準によると、相対的貧困の等価可処分所得は122万円以下、4人世帯で約250万円以下(2015年時点)です。

相対的貧困は外見から判断することが難しいのですが、親が低収入のためダブルワークやトリプルワークのため子どもが家事や兄弟の面倒を見ている、十分な教育を受けることができない、正規雇用につけない、教養がないため一般的な金銭感覚を身に着けていない、親と子どもの共依存など様々な問題があり、いわゆる「貧困の連鎖」が起こります。

子どもや若者を取り巻く問題として、「ひきこもり」や「自殺」も大きな課題です。教育と雇用の間でドロップアウト、すなわち中退や進路未決定になってしまうと支援機関に繋がるまで約10年といわれています。その間に「ひきこもり」になる人は年々増加し、今や日本全国で54万人。なかなか支援に繋がらないのが現状です。また、15~34歳の若い世代での死因の第一位は「自殺」というショッキングな現実を知りました。

学校という教育支援から離れてしまう前に、子どもをつなぎとめる予防支援が必要性を石井さんは語っていました。

P1040959.JPG

居場所ってどんな場所?

このような状況にいる子どもたちに絶対的に不足しているのは「文化的シャワー」だと石井さんは語ります。家と学校しか居場所のない子どもたちにとって、「親」と「教師」がいわゆる「大人」のロールモデルになります。

家=1st Placeでもない、学校=2nd Placeでもない、地域の居場所=3rd Placeに子どもを引き込むことにより、多様な大人に触れる機会をつくること、その大人たちから「文化的シャワー」を浴びることによって、子どもたちにとって身近な大人のロールモデルができ、社会につながるきっかけなることを目指しているそうです。

〇フリースペース(居場所)のフリー

・いつ来ても、いつ帰ってもいいフリー・他人のペースに合わせなくてもいいフリー

・誰とも喋らなくてもいいフリー・強制的に何かに参加させられないフリー

・価値観押し付けられないフリー

 

 居場所カフェのコンセプト

◆「貧困支援は、文化資本支援が必要。子ども達に文化のシャワーを!」

「ボランティアさんは、親でも先生でも支援者でもない「文化的な人メディア」です。」石井さんが高校内で居場所カフェを始めたきっかけとなった図書館司書さんの言葉だそうです。まさに「HUMAN LIBRARY」、多様な人とのコミュニケーションが子ども達にとっての文化資本となり、後々に社会関係資本(人脈)につながっていくとのお話が印象的でした。

 ◆「指導でなく支援」「専門性<関係性」

学校内居場所カフェには、評価をしない(点数をつけない)大人が必要とのことで、カフェを訪れる生徒さんと顔見知りになることからスタートし、「信頼貯金」を貯めることを心掛けているそうです。この「信頼貯金」の積み重ねが「この人になら話しても大丈夫かな?」という生徒との関係性につながるため、いかに暇な大人を演じるか!?がキーポイントだそうです。

ワークショップ「居場所でみかけるシチュエーション、こんなときどうする?」

以下の3つのテーマについて、グループディスカッションをおこない、みなさん熱心に意見交換されていました。会場での皆さんの意見をいくつかお伝えします。

P1040984.JPG

「生徒とLINEや名刺の交換はなぜダメか?」

・居場所=サードプレイスは、肩書を必要としない人間関係を作る場所。その点からも名刺は必要ないのでは。
・ボランティアとして「場」に関わるので、個人の付き合いではない。そのために、個人的なつながりは持つべきではない。
⇒校内で知り合った関係を、校外で継続するのはコンプライアンス上NGである。

78919200_487292245477286_3593395061192130560_n.jpg

「進路に関する踏み込んだ助言は、どうしてダメなのか?」

・生徒の置かれている状況が分からないので責任を負えない
⇒家庭の経済状況や、本人の特性を考え、校内で時間をかけて進路指導をしている。学校での指導を水の泡にしない。

P1050001.JPG

「心配になる告白をされたので、振り返りの時間に報告した。どうしてダメなのか?」

・プライベートな内容を共有することがNGなのか?
⇒本人の知らない間に情報が流れると不信感が生まれる。大事なのは信頼関係。
緊急の案件は、必ずその場で「本人」の了解をとってから情報共有する。

なかなか判断に悩むワークもありましたが、学校内の居場所カフェという特徴を理解して、学校での指導の妨げにならぬよう必要な情報は先生方と共有することが大切ということでした。

◎アンケート感想より

・ずっと前からパノラマさんの活動が気になっていたので、石井さんのお話を直接聞けて涙が出そうでした。きっと何人もの子どもがそして大人が心救われているんだろうな!と勇気づけられました。まずは、身近にいる不登校の子どもたちの居場所を作っていきたい。仲間を見つけたいと思いました。

・不登校児の各居場所が学校にあるとどんなに楽に登校できるのではないかと日々思っていましたから、私にとってはタイムリーな講座でした。「専門性より関係性が大事」とても大事なことだと思います。

・具体的な心構えなどもっと大きな視点でとらえた内容をテンポよくわかりやすい言葉で伝えていただき、涙が出そうでした。

・「専門性より関係性」という言葉に励まされました。話してもらえる関係性をたくさんつくっていきたいと思いました。

・高校校内に居場所カフェがという場所があることを知りました。動画でカフェの様子を見ることができてよかった。

また、時間がもっと欲しかった。ワークの時間がもっとあってもよかったなどのご意見もありました。アンケートからの参加者満足度は96%、参加された皆さんにとって有意義な講座であったことが伺えます。

子どもの居場所支援には当センターも「子どもサポートプロジェクト」として、情報発信および居場所づくりに取り組んでいます。是非、この講座を機に子どもサポートについて一緒に考えていきましょう。

NPO法人パノラマ https://npo-panorama.com/

子どもサポートプロジェクト https://kodosapo.wixsite.com/website

コメント(0) トラックバック(0)

第20回自治会情報交換会

 平成23年3月9日に、~悩める自治会のための情報交換会~「自治会の活性化が地域づくりのカギ」と題して開催された自治会情報交換会。その時の議題が「(1)役員の選出と退会防止策(2)一人暮らしの高齢者増加に対する取り組み(3)その他 意見交換会と今後の進め方」 でした。その後、年1、2回のペースで開催してきた自治会情報交換会が、回を重ねて、令和1年10月5日の開催で第20回の開催となりました。この間、多くの自治会の自治会長、役員の方の参加を得て、自治会運営上の困り事や地域の課題について、情報や意見の交換を行ってきました。他の自治会の取り組みや運営方法を共有することにより、少なからず自治会運営や地域の課題解決に繋がったものと思っています。

 今回の第20回は、増加する地域に居住する外国人(特徴的なのはアフガニスタン人の増加)との共生が地域の新たな課題となってきていることから、愛国学園大学 人間文化学部 准教授 田島和歌子さんをお招きして、アフガニスタンにルーツを持つ方々のことをお話ししていただく機会を持ちました。

場 所 総合福祉支援センター 会議室 (参加者22名 内スタッフ4名)

内 容 

 講演 「地域の生活者としての外国人~アフガニスタン人の場合」

   愛国学園大学 人間文化学部 准教授 田島和歌子さん

 近年、四街道市内に居住する外国人が増加しているが、特徴的なのはアフガニスタン人が中国や韓国からの居住者よりも多く、四街道市で562人、佐倉市で465人と両市を合わせると全国に居住するアフガニスタン人の1/3に達している。

1.なぜこの地域なのか? ・四街道市は自動車解体業の集積地→中古車部品貿易事業に従事→ヤード ・成田空港、高速道路、港湾(千葉港、東京港、横浜港)に近接し、土地が比較的安価で取得しやすいことや他の外国人企業家も多く、エスニックビジネスの適地となっている。

2.日本での生活 ・ほとんどのアフガニスタン人は正規のビザを取得して来日している。頻繁に、カブール、ドバイなどと行き来をし、ビジネスが軌道に乗れば、家族、親族、友人等を呼び寄せ、小さなコミュニティを形成して暮らしている(レストランやモスクも増えてきている)・日本とは、習慣・文化の違いが大きく、男女の空間分離、家父長制、強固な家族・親族の結びつきが特徴。女性は男性に保護されるものという宗教上の観点から女性単独の外出ができないことや、日本語教室等においても教師が男性なら参加しない事など、日本語の取得も儘ならない状況。

3.アフガニスタン人の性格 ・素朴さと真面目にこつこつ努力するタイプ、親切。

4.課題 ・日本語の習得、日本の生活習慣の理解、日本の法規制(ルール)への理解が必要。・居住2,3世の将来→進学、就職

  ※彼らと共生していくためには、お互いの習慣・文化を理解し、時間をかけて相互理解が得られるような取り組みが必要。

  自治会10.5.JPG

まとめ

今回の情報交換会では、愛国学園大学の田島和歌子さんに「地域の生活者としての外国人~アフガニスタン人の場合」と題したお話を伺いました。地域(自治会)に外国人(特にアフガニスタン人)居住者が急増していることを地域(自治会)がどのように捉えているかが、この情報交換会では浮き彫りになったように思われます。アフガニスタンの方々とのコミュニケーションやアフガニスタンの子どもたちの教育と将来を心配する意見が多数ありました。また、高齢化に伴う役員の後継者や活動の担い手がいないこと、自治会への理解が無いことへの課題提起は従来と同様でした。解決策として、責任・役割の分散による会長・役員の負担を軽減していくことの意見も出ました。また、台風15号に伴う事後の処置において、市の対応への不満も多く、日頃の市との連携の必要性を認識した意見もありました。四街道市みんなで地域づくりセンターは、自治会と市内外の市民団体や諸団体とを繋ぐ取り組みや、自治会の事業支援にも取り組んでいきたいと思っています。ぜひ、ご相談ください。
自治会105-2.JPG
BRW105BADD578D4_000053.jpg

 

 

コメント(0) トラックバック(0)

第1回 「ガイドヘルプグループ四街道友愛の会」を取材しました

9月6日、「みんなで」22号「ともに」生きるまちへ の作成にあたり、「ガイドヘルプグループ 四街道友愛の会」に取材に伺いました。

「ガイドヘルプ」とは、障害などがあり一人で外出するのが困難な人に必要なサポートや介助を行うことです。社会福祉協議会などで提供する生活介護サービスの一部にもありますが、「ガイドヘルプグループ四街道友愛の会」はそれに加え、視覚障害者同士あるいは市民との交流などを目的に活動しているボランティア団体です。主な活動は、月1回の懇親会での交流のほか障害のある人の外出支援、市内の小学校より要請を受けた福祉授業への講師派遣などです。現在、利用会員(視覚障害者)は7名、交流やガイドヘルパーとして利用者を支援する賛助会員が16名います。

取材は、9月6日の懇親会に伺いました。昼下がり、参加者は三々五々福祉センターに顔を見せ始めます。この日の参加者は利用会員と賛助会員、ヘルパーの合計10名。事務連絡の後、各自順番に話をします。話題は、夢中になっているゲームの話や奥様と出かけたフィギアスケートのショーのこと、使っているパソコンの調子が悪いこと...。その姿だけでは、正直誰が障害のある方なのか分かりません。趣味や仕事、外出などを通じて、皆さんが意欲的に毎日を過ごしている様子が伺えます。時折感嘆の声が上がったり、笑いがおこったりと穏やかな温かい時間が流れていきました。

「そろそろでかけましょうか」。1時間ほどで一緒に近隣の大型スーパーに向かうことになりました。会員は、左手に白杖を携えガイドヘルパー役とともに出発します。移動の際はガイドヘルパーのひじの上を握るかまたは肩に手を置きます。ガイドヘルパーは会員の歩調に合わせて半歩先を歩きます。軽く声を掛け合いながら横断歩道を渡り、スロープや階段を難なく上り・・・そのスピードは私たちとまったく変わりません!歩き慣れた道とはいえ、まだまだ残暑の厳しい時期、足取り軽く15分ほどで目的地に到着しました。移動の時間は、ガイドヘルプにとって学びの実践であると同時に、参加者全員で季節の風や空気を共有できる大切なひと時であるともいえます。

69574858_2310732912523882_2651123702246146048_n.jpg69961383_2854359101258638_4584085051049771008_n.jpg69746547_520988432062881_2590347956502659072_n.jpg

スーパーに到着後、フードコートにコーナーを作ります。互いのことを十分知っているので席順がさっと自然に決まります。ドーナツやコーヒーなどをお供に再び楽しい語らいが始まりました。おしゃべりの弾むこのグループは、遠くから見ると同窓会?それとも近所の友人の集まりなどに見えるでしょうか?時には障害当事者として使いづらい点字ブロックや交差点のことなど重要な情報のやり取りもあるそうですが、懇親会は互いの都合のいい時間まで和やかに続けられます。

70231660_400033693992769_8450280904282079232_n.jpg69756295_540113713394799_7560206643661635584_n (1).jpg

そしてこの時間を利用して、ガイドヘルパーと一緒にスーパーに買い物に出る会員もいます。今日も会員の金子さんが大好きなチーズを見つけに売り場に出かけました。大好きな「いつものチーズ」を買いたいのですが、商品名を忘れ、ボランティアさんに店員も加わって売り場を探すこと30分。「見つかりました!」金子さんが満面の笑顔でみんなの元に戻られました。

69806811_420857278554807_3478023125700968448_n.jpg70719876_493029761245576_5683744498715197440_n.jpg

「実は買い物で一緒に売り場を探したり、陳列されている商品の説明をしたりすることが、ガイドヘルパーにとって大切な勉強になるのです」と話すのは、会のリーダーの菱沼正さん。「ここ」「あそこ」といったごく普通の言葉が視覚に障害のある人には伝わりにくいこと、さらには包装の具合で中身が触りにくいものや数種類もある商品の違いを相手に言葉でどう説明するかなど現場でしか学ぶことのできないことがたくさんあるそうです。改めて私たちの生活がどれだけ視覚に頼っているかに気付きました。

菱沼さんは、県立千葉盲学校の教員を務め、寄宿舎では子どもたちの自立した生活ができるよう指導されてきました。退職後も歩行訓練士としてこの会の運営や視覚障害者と市民の橋渡し役を担っています。「視覚障害者にとって一番大変なのは移動すること。駅のプラットホームや交差点など、命に関わる場所もあります。とくにガイドヘルパーは階段の形状や手すりの有無、ホームの端と電車の床までの距離や方向距離や方向をどう伝えるか腐心します。でもそんな困難を乗り越えて元気に活動する視覚障害者もいて、時には私たちが彼らの生き方に勇気をもらうこともあります。障害者のことをできるだけ多くの市民の皆さんに知ってもらいたいと思います」。

取材の最後に、市民大学で障害者支援を学び実践に生かしたいとボランティアとして参加される大岩さんは「この会で実際に障害者と知り合い交流をして、机の上だけでは分からなかったことがたくさんあることに気付きます。そして人と人が関わり理解するときには障害の有無は大きな壁ではないことも実感しています。みんなが気軽に声を掛け合い、思い合っていけるようになれば、四街道はもっとよいまちになっていくと思います」と話してくださいました。

コメント(0) トラックバック(0)

旭中学校 職場体験 壱

僕たちは11月12日、13日に職場体験で四街道市役所みんなで地域づくりセンターに行きました。

二日間で学んだことをここにまとめました。

1日目

僕たちはまず、市役所に行って市役所の内部を見学させてもらいました。

市役所の中だけでも、30以上の部署がありその多さに驚きました。

市議会の中も見させてもらいました。とても大きかったです。

その後午後にコラボ四街道U19部門のアイデアを考えました。

IMG_5206.jpg

台風で被害を受けた、山の整備と同時に、中高生の遊び場や休憩場所を作る計画を立てました。

2日目

2日目は中高生のオープンスペースのチラシを見て、問題点や改善点を探し、自分たちでより良いチラシを考え、実際に作り、市役所に配架してもらいました。

チラシ配架.jpg

(旭中学校二年 Y.S  J.S)

コメント(0) トラックバック(0)

旭中学校 職場体験 2

・2日間で学んだこと

~1日目~

まず市役所の見学に行きました。

沢山の部署が連携をして四街道市を支えている事がわかりました。

シティーセールス推進課は地域の為に色々な仕事をしている事を見て聞いて、大変そうな仕事だと思いました。

人事課は市役所で働いている沢山の職員の部署の配置を考えて

全員がきちんと働けるように管理しているということをきいて、沢山の人の事を考えて仕事をしていて

すごいと思いました。

自分もみんなの事を考えて行動できるようになりたいと思いました。

また市役所は学校でいう委員会ときいて、共通する部分があるんだなと思いました。

コラボ四街道U19の提案をしました。

みんなで地域の課題を出してその解決策の提案をして、考えにあった事業名や、その内容をまとめました。

そこで、地域のためにどんなことをすればいいのかを考えるきっかけになりました。

IMG_5205.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

~2日目~

午前中は、2つのグループに分かれて中高生フリースペースのチラシを作りました。

元々あるチラシの問題点や中学生の私たちから見て気になることを

チェックして、実際に作り直し、それを地域に置いてもらうために市役所などに

頼みに行きました。

そこで、どうしたら目にとまりやすくなるかを考える事はとても大変な事がわかりました。

実際に置いてもらえるか分からないので頼む時は緊張しました。

75371537_416370305977794_1434855888199352320_n.jpg

~まとめ~

この2日間を通して、地域の事を考える良い機会になりました。

                                                                                                 (旭中学校 2年 K.T    R.K)

                                                            

コメント(0) トラックバック(0)

四街道市みんなで地域づくりセンター

住所〒284-0001 四街道市大日396(文化センター1階)
地図(Google マップ)
電話043-304-7065
FAX043-422-7051
開館日火-金 9:00-20:00
土 9:00-17:00
休館日日、月、祝日、年末年始

センターの概要はこちら

© 四街道市みんなで地域づくりセンター

関連リンク

TwitterやFacebookでも情報を更新しています。フォローはお気軽にどうぞ。

Twitter

地域づくりマスコットくりんちゃんがつぶやく、四街道市みんなで地域づくりセンターのTwitterページはこちら

Facebook