ブログ

自然食レストラン ここ楽

もねの里にあるデイサービス ここ楽もねの里

この施設の一角に誰でも立ち寄れる「自然食レストランここ楽」(要予約)があります

30595013_1664789593605634_8261296789865365504_n.jpg

日曜と祝日を除いて、毎日開いているレストランは、施設ができた時から併設されています。このレストランを地域の人に利用してもらうことで、施設を身近に感じてもらいたいとつくられたものです。

レストランのドアを開けると、カウンターに席が5つのこじんまりとしたお店です。とてもシンプルでそう広くないので、落ち着ける雰囲気でした。

30689336_1664789523605641_6680339926870917120_n.jpg

カウンタのーの向こう側は、施設につながっています。
たまに、利用者さんや職員の声も聞こえてきて、アットホームな雰囲気です

お昼は毎日日替わりの玄米定食(コーヒー付)で、利用者さんが召し上がっているものと同じ食事を750円で食べることができます。

今日のメニューは

・高野豆腐の肉詰め煮 ・里いもの酢味噌掛け ・青菜ときのこの白和え ・にんじんの和え物 ・具だくさん味噌汁

・玄米ご飯 ・フルーツ ・コーヒー

30624294_1664789516938975_5667586947711762432_n.jpg

旬のものを使い、栄養のバランスも考えられた食事は優しい味です

食事を担当している職員の遠藤さんは、とにかく旬のものにこだわり、素材の味を大切にしていると話してくれました。食べることは利用者の方にとっても大事な楽しみのひとつ。食事が合うか、合わないかはとても大切なことなので、まずはレストランに食事に来て味わってもらいたいと。良い素材を使うことで、栄養価の高いものをおいしく提供したいと考えています。

自然食レストランここ楽は、施設が地域とつながる大切なきっかけになっていて、このレストランを利用していたご近所の人が、何かお手伝いできないか、とボランティアとして施設に関わるようになったこともあったそうです。

レストランの宣伝は特にしていないけれど、口コミでお客様が来てくれてありがたい。ここを通じて、もっと地域の人とつながり開かれた施設を目指していきたいと施設長の尾曲さんは語りました。

前日までに予約をすればどなたでも利用できます
電話 043-312-2972 定休日 日曜・祝日
30624641_1664789476938979_3814531618614280192_n.jpg

コメント(0) トラックバック(0)

第6回子ども支援団体交流会~四街道の子どもの現状及び支援状況の報告~

子ども支援団体交流会も6回目になりました。

今回は前回までの交流会で参加者からあげられた「子どもの貧困や、不登校など子どもの支援が必要なことはわかっていても、実際に支援を必要としている子どもに出会えない」また「どのような支援が本当にもとめられているのか?」について、調査したことを報告しました。


前回交流会で情報を集めた子ども支援団体を一覧にまとめたものを資料としてお渡ししました。

四街道市内は5つの中学校区に分かれます。四街道中学校区・西中学区・北中学区・旭中学区・千代田中学区です。

マッピングしてみると、地区それぞれの特徴と支援の数に偏りがあることがわかりました。
生徒数が同じくらいの北中学校区・四街道中学校区・西中学校区では、支援を必要とする子どもが確実にいる状況のようです。支援の必要な子どもの数に対して、支援する団体や取り組みは少ない状況です。

また、市内全域を見渡してみると、支援の場として利用できる公民館のような公共施設が5つしかありません。
四街道公民館・千代田公民館・旭公民館・わろうべの里・そしてふれあいセンターです。
地域によっては、どの施設からも遠く利用できない地区もあります。そのため支援を提供する場所、また支援する市民団体が少ないという現状を踏まえて交流会を始めました。

28378667_1561001524017008_108144095021874365_n.jpg

28059423_1561001847350309_5737089964417726719_n (2).jpg

1.行政における支援機関などにヒアリング報告

行政機関、教育委員会、福祉事業所など 事業委託、補助金事業など、公的支援が数多くあることが調査でわかりました。困った時は、一人で悩まないで、どこでも良いのでまずは相談することで、担当の課や支援先につないでもらうことができます。

四街道市には市内5つの中学校にスクールカウンセラーの先生が配置されていますが、担当は中学校だけではなく、その中学校区になります。
また、小学校は4校にスクールカウンセラーが配置されていて、それぞれの小学校及び市内の子どもたちをフォローしています。

困っている子の周りには、必ず困っている親、困っている家庭があることが見えてきました。行政や支援団体はなんとか支援を届けたいとそれぞれ働きかけていますが、どうしてもその支援の手からこぼれてしまう家庭があるようです。

28378279_1561001647350329_1755634359907418740_n.jpg

2.市内の子ども達の現状

支援を必要としている子どもについて、関係機関や子ども支援団体にヒアリングして、「子ども像」が見えてきました。

3.先進事例の報告をプロジェクトメンバーから

①四街道市立みそら小学校 おはなしの部屋(図書準備室内)
小学校の図書室で地域の方が子どもの話しを聴く、学校内の居場所のような取り組み。

28056087_1571898086264130_4118174885779452028_n.jpg

 

 ②神奈川県立田奈高校「ぴっかりカフェ」
高校の図書室を使って高校生を支援する取り組み

詳しくは以下から
http://www.tana-h.pen-kanagawa.ed.jp/career/cafe.html

28059304_1571898242930781_7690690455760661960_n.jpg

4.ワーク

場があることでできる支援、場がなくてもできる支援について考え、最後に発表し合い考えたこと感じたことを共有しました。

DSCF8888.JPG

28056792_1571898422930763_6347427655221650599_n.jpg

・必要な情報をとにかく届けることが必要!そのためには行政と協力して母子手帳に支援団体、支援先の情報をはさむ

・みそら小学校のおはなしの部屋の取組みを初めて聞いて驚いている。市内の小学校に同じような取り組みが広がるといいと思う。

・何か支援をするとき、やはり場があることで出来ることが広がる。市役所や文化センターなど使えないか

・小学校の学校の中で支援ができることに驚いた

・支援するためには多世代が関わることが必要

・支援の目的が自立だとしたら、学習支援は必要

・支援するために場を作って待っているだけではなく、こちらから子どもたちの中に入っていくことも必要

【告知】子ども見守りサポーター養成講座 開講!

支援が必要な子どもに気づくために、またそんな子供に実際にできることは・・・具体的な方法を学びながら実際に出来ることを考える講座です

日時 5月20日(日)13:00~

場所 四街道市文化センター

講師 石井正宏さん(田奈高校ぴっかりカフェ運営者・NPO法人パノラマ代表理事)

申込み 3月末に詳細をお知らせします!

コメント(0) トラックバック(0)

みんなで広報day

広報のことは広報担当者に聞こう!

自分の作るチラシはわかりやすいのか?
自分の作ったリーフレットは伝えたいことが伝わっているのか?
広報に悩む広報担当者が集まって、意見や情報を交換をし、より良い広報物をつくる時間

それが「みんなで広報day」です

年に3回開催していますが、今年度最後の今日は6団体から7名が参加しました

それぞれ作成しているリーフレットを持ち寄り

・伝えたいことと内容があっているか

・レイアウトは適当か・・・写真が小さすぎると見えない、文字と写真のバランス

・一番伝えたいことがわかりやすい紙面になっているか

・必要なことは全部書けているのか?申し込み先電話番号、講師の経歴

などなど実際に作成中のリーフレットを見ながら話し合いました

IMG_7411.JPG

他団体のチラシは参考になることがいっぱい!作成の工夫を話してもらうと参考になりますね

また今回はネットでの情報発信についての話題も インスタの活用は有効か?

最近のインスタ事情を交えながらそれぞれの感じるところを話し合い、自分の団体にどう生かせるのか考えました。すでに始めている団体からは、フェイスブックとは全く違う層が見てくれている、と感想が。

IMG_7409.JPG

持ち寄ったリーフレットやチラシを並べて見せ合います。それぞれ違って参考になります

IMG_7412.JPG

**初めて参加した人からの感想**

いろんな人から意見が聞けてとても参考になった
広報以外の情報がもらえてよかった
広報担当者で集まったことがなかったが、みんな同じような悩みを持ちつつ作成していることがわかった
今日もらった意見を持ち帰って検討したい

来年度も3回程度の開催を予定しています。
また、広報の技術アップのための講座も予定していますので、団体の広報の皆さん!ぜひご参加ください

 

コメント(0) トラックバック(0)

平成29年度コラボ塾修了しました。

1月26日(金)コラボ塾6限目「本番直前プレ・プレゼン」講座が9団体(26名)の参加で行われました。

DSCF8664.JPG

コラボ塾は、7月13日の1限目から延べ140名の方の参加を得て、

①みんなで地域づくり事業提案制度「コラボ四街道」の助成を3年間受けて今年度から自力で活動を始めた団体や現在採択を受けて活動中の団体の報告会

②「アイディアのたね」シートを使った地域課題の掘り起こし

③「申請書作成の書き方のポイント」「提案書の書き方」などを学び、

今回の6限目は、平成30年度「コラボ四街道」に提案した団体のプレ・プレゼンの講座でした。

DSCF8615.JPG

本審査におけるプレゼンテーションと同じ「発表7分、質疑応答7分」の時間内でいかに自分たちの活動と活動の意義を伝えることが出来るか、参加された団体の真剣な思いの伝わる講座になりました。

DSCF8646.JPG

プレゼンの後は、他の団体参加者やセンター担当者から活発な質問や感想が交わされ、提案事業はさらに磨きあがっていきました。これまでの学びを活かして、本番では最高のプレゼンテーションができます事を期待しています。

今回の6限目で平成29年度のコラボ塾は修了となりました。4月以降に平成30年度のコラボ塾を新たに開催する予定です。

コメント(0) トラックバック(0)

四街道市みんなで地域づくりセンター

住所〒284-0001 四街道市大日396(文化センター1階)
地図(Google マップ)
電話043-304-7065
FAX043-422-7051
開館日火-金 9:00-20:00
土 9:00-17:00
休館日日、月、祝日、年末年始

センターの概要はこちら

© 四街道市みんなで地域づくりセンター

関連リンク

TwitterやFacebookでも情報を更新しています。フォローはお気軽にどうぞ。

Twitter

地域づくりマスコットくりんちゃんがつぶやく、四街道市みんなで地域づくりセンターのTwitterページはこちら

Facebook