ブログ

広報担当者によるおもしろ広報会議~実技編「みんなで広報day」

3月5日は「広報担当者によるおもしろ広報会議」の実技編「みんなで広報day」でした
この日は9団体から10名が参加しました
 
***参加団体***
成田おむすびプレーパーク
ままも
蔵の図書館・おうち+
VAICコミュニティ研究所
さとのたね
四街道プレーパークどんぐりの森・こどものまち
NPOクラブ
 
53839955_2571502419587866_7828308058580189184_n.jpg
 
各自、それぞれ今つくっている広報物を持ち寄りました。
広報担当として悩んでいることを話し合ったり、伝えたいことが伝えられているチラシになっているのか、同じ広報担当者同士で、確認し合いました。
チラシに写真を入れるなら、カラーにするほうが絶対によいと思う。仮に白黒なら、写真よりイラストのほうがよい場合もあるのでは?
 
また、リーフレットを作成したい団体は、団体の活動目的とリーフレットのデザインがマッチしているのか確認しました。訴えたいことが大きく目に入るようなデザインにしたらどうか?またデザインが素敵なので、リアルな言葉で伝えたほうがよいのではないか
 
***参加者からの声***
 
・きれいな文言だけではなくリアルな声を伝えていくことも大事だと感じた
・チラシはデザインが重要視されるけど、率直な意見が交換できてとても参考になった
・初心に戻るのって大事だと感じた
・本当に伝えたいことが薄れていってしまうことのないように作りたい。
・伝えたいことが広報を作っているから、伝わる方法で作っていきたい。
・一生懸命にやってる根本にある気持ちを聞かせてもらえてよかった
・やることが変わらないなら、伝えるべきことを変えてもいい
・いろんなちらしと思いを形にするって難しいな、って思う
・ 自分があっ!て思ったことは、メモをして広報に生かしたい
・広報の根本にかかわるところを教えてもらいたい
 
 53584748_2571502409587867_7885971168509820928_n.jpg
 
★「広報担当者によるおもしろ広報会議」は市民団体の広報担当者、およびこれから広報に携わる人ならどなたでも参加できます。どうしたら必要な人に必要な情報を届けられるのか、広報担当者同士で考え実際の広報に生かせるようにブラッシュアップできる場です。
 
★次回は6月中旬を予定しています
★参加希望者はセンターのFBページにメッセージからご連絡ください

コメント(0) トラックバック(0)

ソシオ・マネジメント勉強会第8回 報告書は最強のツール「年次報告書作成」

今年度もあとわずか、今年一年を振り返り、次年度の計画をたてる時期ですね。
ソシオ・マネジメント勉強会第8回目は一年間の事業をまとめる年度報告書を作成しました。

総会資料は作っているけど、写真を入れて一年の事業内容が一目でわかるものを作っている団体は少ないようです。

報告書は最強のツール。
自分たちの事業をよりよく知ってもらうために作成してみます。

目次

1.年次報告書をつくる目的
2.発行までの流れ
3.構成例
4.参考事例
5.参加者の感想

1.年次報告書をつくる目的
年度報告書は「完了届け」として提出するだけでなく、
組織の実績を伝える道具として
②情報の開示資料として 使うことができます。

そのためにも、
報告書を「誰が、誰に対して、どういう目的、場面で使う可能性があるか」を考えておくことが大事です。
伝える相手としては、
「会員」「賛助会員」「寄付者」「連携団体」「行政」だけでなく「地域」も事業内容を知ってもらう相手となります。
コツは企画段階から編集方針を決めておくと楽ですね。

たとえば写真。
行事で写真を撮るときも、報告書に載るイメージをもって、伝わりやすい写真、大きさで撮影することができます。

2.発行までの流れ
①編集方針を決める「誰に、どういう場面で使うか、その目的は何か」

②報告書の体裁と構成を決める。
完了したことを報告するだけでなく、
「目的・目標はどれだけ実現できたか?」
「それはなぜか?」
成果の確認(ふりかえり)と課題と感じること、次年度での改善提案も入れるといいでしょう。

③各ページの具体的なレイアウトを決める。
原稿・写真・図表の配置・原稿の文字数・写真のサイズ

④事業ごと担当者が記事を書く。

⑤活動計算書とともに全体で編集

3.構成例
①表紙:「概要紹介のページ」一年のハイライト、一年間のまとめ、ビジョン・ミッション
②事業の報告:事業ごとの、結果と成果、課題、今後の予定
③情報発信と収集:発行している広報物や取材された記事、アンケート結果や参加者の声
④活動計算書
⑤次年度の予定とお知らせ
⑥団体概要・年表

一年間事業を実施して、「どのような変化があったのか、成果があったのか」をわかりやすく伝えられうように。

4.参考事例
団体の規模や目的にあう事業報告書はないか、探して真似てみるのも良いです。
いくつかの団体を紹介します。

認定NPO法人ブリッジエージアジャパン https://www.baj-npo.org/report.html

認定NPO法人 しずおか環境教育研究会(略称:エコエデュ)
http://www.ecoedu.or.jp/wp/wp-content/uploads/2011/11/20487527f1c069ecec6942ce69333bff.pdf

ちばのWA地域づくり基金
0001 (5).jpg0002 (2).jpg

IIHOE[人と組織と地球のための研究所]http://blog.canpan.info/iihoe/img/AIR18.pdf


52908601_363600901143998_7185777863017103360_n.jpg

使用した事業報告書オリジナルテンプレートを必要な方は、地域づくりセンターまでご連絡ください。

0001 (6).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

5.参加者の感想
いままでは事業ごとの報告書しか作成していなかったので、一目で見えることが良かった。
会計の状況も入れるといいですね。
パンフレットを作成する予定なので、そこに数字などを入れて活動報告書にしてみます。
盛り込み気味になっていることがわかりました。一枚の写真でわかりやすく作成する工夫をします。


52748916_810968012581746_1422267313284972544_n.jpg今年度のソシオ・マネジメント勉強会も次回3月27日(水)でいよいよ最終回。
活動計算書と活動報告書を仕上げます。

コメント(0) トラックバック(0)

第19回自治会情報交換会

 去る1月26日(土)に、四街道市文化センターで、『地域の困りごとを解決しよう』と題して、 第19回自治会情報交換会が開催されました。 最初に、四街道市において取り組みが進められている地域支えあいの活動の取り組みから生まれた2件の事例と当センターの地域の居場所づくりの講座から生まれた、中・高生を対象にした子ども食堂の事例を紹介しました。

【事例紹介】

 まず、発端は・・《介護保険の法改正により平成30年4月から市内各地域で行われていた介護予防教室がなくなった》

★居場所サロン  西中らくらく会

P1030040.JPG

 四街道市地域支え合い推進会議の西中学校区(B)エリアにおいて、コープで出来る事は? を考え、 コープみらいえ四街道が場所を提供!

⇒ お茶くらいなら!そしてどうせやるなら楽しいと思える場作りを! 顔なじみになってほしい!⇒あの人に会える?という場を作ろう! ということでH30年4月に結成

※施設を地域交流の場として無償開放。毎月第3水曜日14時~16時 みらいえ四街道1階食堂で開催しています。

※徒歩・自転車でお越し下さい。    参加費 50円 (お飲み物&お茶菓子) 

 

発端は、同じく・・《介護保険の法改正により平成30年4月から市内各地域で行われていた介護予防教室がなくなった》

 ★やすらぎ広場 馬洗、栗山郷地区

P1020823.JPG

 それまでは特別養護老人ホーム「あすみの丘」から2名の指導者が来てくれて、年4回「やすらぎの家」を使い体操をしていた。栗山老人会(栗山郷と馬洗の2地区)と地域の方々で、5月から奇数月の第2月曜日10時から年6回行うことにした。一番の問題は、やすらぎの家の会場費。栗山郷・馬洗の両地区で6,000円ずつ出そうと両区長さんから言っていただいた。また、毎週やる体操だったら月4~5回になるが、安らぎの家の管理委員会の方が定期で使ってくれるなら月額1,000円でもいいのではと言っていただいた。

★みんなの学食「りんごとはちみつ」

51713697_1346994555442862_8113257492034617344_n.jpg45589465_326523041510542_4101980963553148928_n.jpg

 このプロジェクトは四街道市みんなで地域づくり センターが主催した「みんなでおしゃべりできる居場所をつくろう」講座の 受講者が中心となって始まりました。講座の中で、市内に中高生の居場所がないことや孤食の問題が 四街道市にもみられることがわかりました。子どもを取り巻く困難な状況を少しでも改善するきっかけとして、昨年11月から、中高校生を対象として居場所と食事を提供する活動を始めました。主な対象を中高生にしていますが、大人の方にもぜひお越しいただけたらと思います。

開催日時  毎月第 1 火曜日 (16:00~20:30)

開催場所  日替わりシェフの店さくらそう(四街道市鹿渡 933-136)

食事時間  18:00~ 食事代  中学生・高校生 200 円、大人 400 円

団体名     ハニー&アップル (代表者 伊藤恭子)

情報交換会

P1030110.JPG

P1030122.JPG

 今回の情報交換会では、地域の高齢化が進む中で、役員の後継者や活動の担い手がいないことが自治会活動における一番の課題だという多くの意見が出されました。平成28年1月に開催した第15回の自治会情報交換会で、講師の川北秀人さんが訴えていた、5年後、10年後の自治会の姿というものが一層現実のものになってきたように思われます。解決策として、役割の分担や活動のプロジェクト化により、会長・役員の負担を軽減していくことの意見がたくさん出ました。今回、地域支え合い活動の中から立ち上がった高齢者支援事例2件と当センターの地域の居場所づくりから生まれた事例を紹介しましたが、これらの事例のように、自治会の事業を全て自治会の役員の活動で作り上げるのではなく、自発的に活動している会員や市民団体、企業、施設などと連携して進めていくことが、一層重要な時期に来ているものと思われます。みんなで地域づくりセンターでは、自治会と市民団体、施設や企業などを繋ぐ取り組みや、事業支援のお手伝いにも取り組んでいきたいと思っています。ぜひ、ご相談ください。

 【アンケート結果】下の画像をクリックしてご覧ください。

(31.1.26)第19回アンケートまとめ (1).jpg


コメント(0) トラックバック(0)

コラボ塾5限目「プレ・プレゼン」が開催されました。

1月25日(金)コラボ塾5限目「本番直前プレ・プレゼン」講座が9団体(26名)の参加で行われました。

コラボ塾は、9月7日(金)の1限目の

①コラボ塾の趣旨説明 ②「コラボ四街道」の概要説明 ③千葉工業大学の青木和也さんによる公開講座「地域の元気を作りだすコツ」~大学の地域づくりへのかかわりについて~ でスタートし、今回の5限目は31年度「コラボ四街道」に提案した団体のプレ・プレゼンの講座でした。

DSCF9853.JPG

本審査におけるプレゼンテーションと同じく「発表7分、質疑応答7分」の時間内で、自分たちの活動とその意義を分かり易く、しっかりと説明が出来、審査員の好評価を、得ることができるか、参加した団体の真剣な思いの伝わる講座になりました。

DSCF9877.JPG

DSCF9890.JPG

プレゼンの後は、他の団体参加者やセンター担当者から活発な質問や感想が交わされ、発表内容をさらに改善し、2月18日(月)の本審査に挑む思いが伝わってくる講座となりました。

DSCF9886.JPG

これまでの学びを活かして、本番では最高のプレゼンテーションができる事を期待しています。

今回の5限目で平成30年度のコラボ塾は修了となりました。4月以降に平成31年度のコラボ塾を新たに開催する予定です。

 

コメント(0) トラックバック(0)

ソシオ・マネジメント勉強会第7回 会計講座

団体の運営にとって避けられないのは、会計処理です。
会費や寄付、助成金などの費用がどこにどのように使われているか、団体として把握することで、今年度の事業を振り返り次年度のつなげられるだけでなく、情報を公開することで、市民の信頼を得られ、団体の運営の継続にもつながります。

第7回のソシオ・マネジメント勉強会は認定NPO法人NPOクラブの田沼淳子さんを講師に、会計の基本的なことについてお聞きしました。

DSCF9829.JPG目次

1.会計の原則
2.会計の目的
3.会計書類の扱い方
4.会計業務の流れ
5.日常の会計業務ワーク
6.会計業の留意点

1.会計の原則(特別非営利活動法人促進法より)
①〈正規の簿記〉
 会計簿は正規の簿記の原則に従って正しく記帳すること。
 これは複式簿記をさします。入ってきたお金と、支払うお金を、時系列にまとめた勘定元帳(現金)に明確につけていくことです。
②〈真実性・明瞭性〉
 計算書類(活動計算書及び貸借対照表)及び財産目録は、会計簿に基づいて真実の内容を明瞭に表示する。
③〈継続性〉
 会計処理の基準及び手続やみだりに変更しない。
NPO法人はNPOの会計基準にのっとってか「活動計算書」を作成して、所轄庁に報告する義務があります。任意団体もそれに報告する義務はないまでも、会計の原則は知っておくと収支報告書を作成しやすいです。


2.会計の目的
①支援者や市民に向けての情報公開
②団体の活動の管理のため
正確に作成された計算書類を公開することで、支援者や市民の信頼を得、更なる団体の発展につながります。
また、お金の動きはどのように事業を進めているのかを知ることになります。

3.会計処理
会計処理によって団体の経済状況を把握します。
法人については、活動計算書、貸借対照表、財産目録を作成します。


4.会計業務の流れ
①取引発生(入金や支出が確定した時)→②伝票作成(入金伝票、出金伝票、振替伝票)→③帳簿に記帳(総勘定元帳の現金と科目ごと元帳=日付にそった現金の動き、科目ごとの記録)→月ごとのまとめの作成→一年分のまとめの作成


5.日常の会計業務
これについては実際に、振替伝票、入出金伝票を書き、総勘定元帳に記帳してみました。

DSCF9839.JPG

6.会計業務の留意点
①会計担当者を決める。⇒ 代表は会計係を兼務しない。
②現金出納帳をつける。⇒ 会計ソフトを使っている場合でも別途出納帳を作る。
③入金伝票記入、現金出納帳・預金出納帳の記帳、総勘定元帳の記帳
④日付は会計担当者がお金を出入金した日を記入
⑤領収書や請求書等の証憑の管理は、番号を振るなどして帳簿と照合できるようにしておく。
⑥経費立て替えの清算は領収書と引き換えで。自動販売機など領収書が出ないものは、別途支払い証明書を作成して印鑑かサインをもらう。
⑦自車で移動したときのガソリン代等は規定を作っておく。
⑧経費のうち(家賃や電話代、人件費など)事業費と管理費両方に当てはまるものは決算時に按分し仕分けを変更する。
⑨補助金や委託金がある場合は、報告書等の作成に備えて区分会計処理をしておく。
⑩法人税法上の事業を行っている場合も、事業ごとに区分をして会計処理をしておく。
⑪活動計算書作成時に経費を管理費と事業費を按分する場合。
・ 従事割合(科目例:給与手当、旅費交通費等)
・ 使用割合(科目例:通信運搬費、消耗品費、水道光熱費、地代家賃等)
・ 建物面積比(科目例:水道光熱費、地代家賃、減価償却費、保険料等)

 最後に質疑応答より
①団体の事業ごとに予算をたてていますが、全体予算もたてたほうがいいのでしょうか?
→全体予算は活動の指針になります。立てたほうがいいですよ。
②入出金伝票は参考として保管しておいた方がいいですか?
→伝票は日付ごとにまとめて保管しておいたほうがいいです。領収書のない場合も確認することができます。
③領収書の代わりにレシートをもらった場合どうしたらいいですか?
→レシートは領収書として取り扱います。
④特に報告を求められない補助金の会計はどうしたらいいでしょうか?
→活動の経緯を知るのにも、お金の出入りはまとめておいたほうがいいです。
⑤監査の仕事を教えてください。
→会計とともに活動の中身も確認するのがNPO法人の監査の仕事です。
会計については帳簿と領収書をチェックします。


以上、会計用語は難しいものもありましたが、用語に慣れてしまえば、作業ははかどります。
地域づくりセンターでは、会計相談も予約できますので、いつでもご相談ください。

最後には笑顔の参加者。会計について一つでも団体に持ち帰り役立てていただけますように。


IMG_0153.jpg



コメント(0) トラックバック(0)

四街道市みんなで地域づくりセンター

住所〒284-0001 四街道市大日396(文化センター1階)
地図(Google マップ)
電話043-304-7065
FAX043-422-7051
開館日火-金 9:00-20:00
土 9:00-17:00
休館日日、月、祝日、年末年始

センターの概要はこちら

© 四街道市みんなで地域づくりセンター

関連リンク

TwitterやFacebookでも情報を更新しています。フォローはお気軽にどうぞ。

Twitter

地域づくりマスコットくりんちゃんがつぶやく、四街道市みんなで地域づくりセンターのTwitterページはこちら

Facebook