「宗教都市」奈良を考える/中世都市研究会【1000円以上送料無料】

「宗教都市」奈良を考える/中世都市研究会【1000円以上送料無料】

2200円

「宗教都市」奈良を考える/中世都市研究会【1000円以上送料無料】

「宗教都市」奈良を考える/中世都市研究会【1000円以上送料無料】:私たちは、あらゆる規模の個人、起業家、企業、組織に経済的機会を提供するために存在しています。 70%以上節約,100%本物保証!,楽天市場「宗教都市」奈良を考える/中世都市研究会【1000円以上送料無料】
日本史テーマ
平安京跡の発掘調査で『枕草子』の舞台と見られる遺構を発見
京都市・平安京跡で行われている発掘調査で、天皇らが暮らしていた内裏のうち『枕草子』や『源氏物語』の舞台となった「登華殿」・「弘徽殿(こきでん)」の一部とみられる遺構が見つかったと、2021年11月に京都市埋蔵文化財研究所が発表しました。
研究所によると、平安時代の内裏のはっきりした建物跡が見つかるのは初めてとのことです。
「登華殿」は平安宮内裏17殿の一つで、一条天皇の中宮定子や定子に仕えた清少納言が過ごしていた場所として知られています。
また、登華殿の南にある「弘徽殿」は『源氏物語』で光源氏が朧月夜と出会う場所として描かれています。
関連コンテンツを詳しく見る
人気一覧
新着一覧
図表・グラフ一覧
地図一覧
動画・音声一覧
スライド一覧
問題集一覧
指導事例・記事一覧
その他一覧

「宗教都市」奈良を考える/中世都市研究会【1000円以上送料無料】

「宗教都市」奈良を考える/中世都市研究会【1000円以上送料無料】:私たちは、あらゆる規模の個人、起業家、企業、組織に経済的機会を提供するために存在しています。 70%以上節約,100%本物保証!,楽天市場「宗教都市」奈良を考える/中世都市研究会【1000円以上送料無料】